fc2ブログ

THE Iron職人~身頃編~ 

2009/06/05
Fri. 20:46

←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


昨日は衿、カフスまでお伝えしました。今日は仕上がりまでのアイロンの掛け方を。

カフスはプレスが掛っておりますので、身頃は袖からと言う事になります。以前ご紹介したコンバーチブルカフスの場合、釦専用カフスと違い、たたんだ時に釦を留めずにカフスを表に出します。その為、脇の縫い目は中に織り込むようにして袖にアイロンを掛けます。

カフスを押さえて袖のタック側からアイロンを掛けていきます。綺麗に掛りました。勿論噴霧器にて霧を吹きかけます。

両袖掛りましたので次はヨークです。アイロンの形状を利用して、衿が付いている部分の丸みを綺麗に掛け、そのままヨーク全体を掛けて行きます。アイロンの形状を利用するのは家庭用アイロンでのアイロンがけにも有効です。

次は後身頃。背中のタック(プリーツ)は裾まで折り付けます。裾でタックと同じ分をつまんで引っ張れば綺麗に裾までプリーツが折られます。そのまま裏から脇の縫い目、袖つけの縫い目、裾の形状と霧をかけてアイロンをかけます。

背筋がピ~ンとしそうなくらい真っ直ぐに掛っています。

後が綺麗になった所で身頃の主役、前身ごろです。弊社では釦を掛けてからアイロンを掛けるのではなく、釦をアイロンの熱や重みで傷つけないように上前下前別々に掛け釦を留めます。アイロン職人さんの談です。「最近は厚みのある釦や、貝釦でも高級な部類の物が多くなり前身ごろの仕上げには特に気を使う」と言う事です。

ボタンのとめ方は、アイロンを掛けた所にしわを付けない様にする為、穴の下に釦を斜めにセットし、指の腹で釦の端を押し上げるようにして留めます。このやり方で格段に早くボタンが留まり、なお且つしわになりません。これはプロのテクニックです。

表からも縫い目部分に気をつけてかけていきます。

フィニッシュです。裏返し、肩の部分にアイロンを押し当てます。ここを掛けてたたむ事によって、シャツがシャキっと仕上がります。

台紙を取り付け、その台紙に沿って折りたたみます。

リサイクルプラのクリップで留めていきます。最近はエコを考えるとなるべくは使用しない方へ行きたいのですが、どうしてもここは留めないとシャツが締まらないので...

袖に刺繍がある場合は外に見えるように出して完成です。衿カフスのプレス時間を除けば、一枚辺りの所要時間は3分ほどです。アイロン掛けに悩まされている方には是非お傍にいて欲しいアイロン職人さんの紹介でした。
本日から金沢は「百万石祭り」に突入しております。明日6時からの踊り流しにはスタッフの一人も踊りに参加するそうなので見に行こうかと思います。

[edit]

Comment: 0
Trackback: 0

page top

2009-06