fc2ブログ

Italia'n チョコ&ファブリック&ミュージック 

2010/02/12
Fri. 23:36

←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


間もなくバンクーバー始まりますね。殆ど日本時間午前3時頃から、お昼過ぎ位に放送時間が当たりますね~ サッカーのWcupほど必死に見ないかなぁ、多分。今度日曜はお休みなので、上村愛子の決勝は見る予定です。確か12時半ごろでしたでしょうか?
友人でありお客様であるSさんより今年もバレンタインを頂きました。これはバンクーバーじゃなくて前回大会のイタリア、トリノの「Caffarel / カファレル」。昨年も頂きましたが、バージョンアップです。ほんと遊び心満載ですよねぇ~イタリア人って。

このケースの絵が素晴らしい。お菓子のは箱を開けた少女が、嬉しさのあまりに母親に抱きつくその瞬間を描いた絵です。開ける前に見いっちゃいます。実はこのケースのみ中国製なんですね~。かなり質の高い仕事してますね。勿論中身はイタリアン。

で、開けるとこれ。カエル、蜂、てんとう虫、栗、キノコいろいろ。これって子供用?大人用?値段は完全に大人用だと思いますが(笑)

次のイタリアンはファブリックメーカー「THOMAS MASON / トーマス・メイソン」。
1796年英ランカシャーで設立されたメーカーで、1991年にイタリアのアルビニ社に買収されてイタリアのファブリックメーカーとなっております。英国の伝統を受け継ぎながらも最新の技術でより価値のある生地を送り出しております。今はイタリアの企業となっても何処となく英国の落ち着きのある風合いを持っています。弊社でも、やはり支持層が広いのか、これも伊カンクリーニ社と並んで仕立てる回数が多い生地メーカーですね。

ラストイタリアーノはイタリアの1972年にレコードデビューしたバンド、「BANCO DEL MUTUO SOCCORS / バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ」。早口で一気に読んでみましょう。舌噛むというよりは口がもつれるこの名前。略してバンコと呼びますが、ノチェンツィ兄弟を中心にツインキーボードでイタリアのそれらしくオペラチックでバロック、ジャズ、カンツォーネそれらの芸術様式が全て詰まった芸術的な音楽です。ひとえにロック音楽とは言い難い。本物LPはギミックジャケット(←これはCDジャケ画像で、白い部分は本当は無い)で、扉を開けると中庭からの情景、外への入り口などが見えかなり凝っています。イタリア語のボーカルは一度聞くと病みつきになりますね。

[edit]

Comment: 0
Trackback: 0

page top

2010-02