Shell Buttonあれこれ 

2012/03/20
Tue. 14:02

blog_buttonbook.jpg
ボタン博物館という本です。古代から20世紀までの貴重なボタンを綺麗な写真で紹介している図鑑ですが、6000円

と大変値段が宜しいもので図書館で何度か借りて読んでます。まさにボタンはファッションと共に歩んで来てい

る、と実感する位時代背景、社会世相などが反映されているアイテムだと言う事が分かります。元々ボタンの語源

は花の蕾を意味する古代ゲルマン語のbuttonと古代ラテン語のbottaneiが起源となり、日本語のボタンはポルトガ

ル語のbotaoからきている(同書抜粋)からだそうで、日本では江戸時代中期からボタンと言われているそうです。

中世期はボタンホールと言うものは無く、紐でボタンを組んでいたのですが、男性ものから穴をかがりボタンを

通していたそうで、かなりの長い間男性はボタンホールにボタンを、女性は紐にボタンを掛けていました。それが

女性男性のファッションの性別の違いを表していたのが、だんだんと身頃の掛け合わせが左前右前となり、それが

男性女性のファッションによる性別を表すようになったとか..男前女前という掛け合わせの違いにはあまり意味

が無かったのですね。貴重な貴重な各時代のボタンが載っていますので、興味のある方は一度ご覧あれ。

尚、日本のボタン博物館は東京日本橋(株)アイリス4FにButton-Museumがあります。たかがボタンされど釦です

ね。

さて、弊社の貝釦です。

blog_buttonwmp2mmrb.jpg
白蝶貝釦 2mm厚ラウンドバック(裏が丸みを帯びています)オプション価格1,050円
最近仕入れた生地の上では...
blog_wmp2mmrb.jpg
生地 アルモ(スイス)18,900円(お仕立て、税込)
blog_buttonwmp2mm.jpg
白蝶貝釦 2mm厚(通常)オプション価格1,050円
blog_wmp2mm3.jpg
生地 アルモ(スイス)21,000円(お仕立て、税込)
blog_buttonwmp3mm.jpg
白蝶貝釦 3mm厚 オプション価格 1,365円 
blog_wmp3mm.jpg
生地 トーマス・メイソン(伊)18,900円(お仕立て、税込)
blog_buttonwmp4mm.jpg
白蝶貝釦 4mm厚 オプション価格 1,575円 
blog_wmp4mm.jpg
生地 アンテクス(トルコ)18,900円(お仕立て、税込)
blog_buttonbmp2mm.jpg
黒蝶貝釦 2mm厚 オプション価格 1,050円
blog_bmp2mm.jpg
生地 ブレンバーナ(伊)18,900円(お仕立て、税込)
blog_buttonbmp3mm.jpg
黒蝶貝釦 3mm厚 オプション価格 1,365円
blog_bmp3mm.jpg
生地 ゲッツナー(オーストリア)18,900円(お仕立て、税込)
blog_buttontrocas4mm.jpg
高瀬貝釦 4mm厚 オプション価格 1,050円
(高瀬釦はリクエストあり今回仕入れました)
blog_trocas4mm.jpg
生地 アンテクス(トルコ)19,950円(お仕立て、税込)
blog_buttontrocas3mm.jpg
高瀬貝釦 3mm厚 オプション価格 840円
blog_trocas3mm.jpg
生地 アルモ(スイス)21,000円(お仕立て、税込)
blog_buttontrocas2mm.jpg
高瀬貝釦 2mm厚 オプション価格 525円
blog_trocas2mm.jpg
生地 GIZA(国産)15,750円(お仕立て、税込)

弊社ではやはり生地ありきのボタンですので、オーダーシャツ生地を一層映えるような演出役、バイプレイヤーな

んですねぇ~大人し目のデザインの中にも素材を含め、しっかり存在感を出しているものを選んでいますので、

生地を選ぶ際にも釦の事を頭に描いて決めて下さい。よだれが出ますよ~貝釦の肌触りと言ったら...

いつまでも見てられますわ。








[edit]

Comment: 0
Trackback: 0

page top

2012-03