fc2ブログ

カッタウェイ・シャツ 

2015/09/20
Sun. 22:57


blog_kilala.jpg 

片町キララがオープンしました。当日歩いて行ける距離なので仕事終わりに駆けつけました。なかなかの人出でしたね。
金沢市民にとっては初登場のH&Mもそうなのですが、長年進出を待ち望んだLOFTのオープンも嬉しい所です。思わず長居して数点買い物して帰りました。
blog_swide_t.jpg
まだ終わっていませんが、今年のクールビズで多分ボタンダウンをしのぐ勢いだったのがこのカッタウェイカラー。日本発祥のクールビズ、特にシャツ部門に望まれたことは、第一釦(衿の釦)を開けても衿がだらしなく跳ねない事。それで人気が出たのは当時あまり知られていなかったドェボットーニのボタンダウン、スナップダウン、イタリアンカラーなどボタンを外して着ても衿がずるっと横に羽伸びなく安定した開き具合を保てることで人気が出ました。今年に入って(正確には去年辺りから)このホリゾンタル(水平)より角度が広いこの衿型が台頭した訳です。勿論最近出来た衿型ではなくナポリなシャツにはずっと前からあった訳で、ネクタイを締めると日本人には少し抵抗があった様に思われてあまりオーダーがありませんでした。この衿本来はタイを絞めても外しても格好良かったのですが、水平よりは角度が広がらなかったのです。この爆発的な人気はやっと感覚が追い付いたのか、時代背景なのか分かりませんが、不思議なもので今までそうでもなかった事がある時突然スタイリッシュになって行くから不思議。それが流行なんですね~ ただこの衿型以外に仕上がりを格好良く見せるには工夫が要りまして、なかなか奥が深いのです。ただカットするだけではうまく行かず、芯の硬さや、ポイントの長さの指定など、結構わずかな数値で見た目が変わります。まだまだ研究の余地ありです。これは製造元でないと分からないんですよねぇ~ 今回前立て幅も通常より1cm狭くしてカジュアル感を出して見ました。この場合も微調整が必要となって来ます。芯は弊社取り扱いの最近レパートリーに取り入れたフラシのソフト芯で作製しました。

blog_swide_tu.jpg 


blog_swide_s.jpg




[edit]

Comment: 0
Trackback: 0

page top

2015-09