FC2ブログ
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m



「Getzner」ゲッツナー オーストリア
オーストリアのシャツ地メーカーで、アルマーニ、ヒューゴボス、カルバンクライン、オットーカーン、D&Gなど国際的にも有名なデザイナー、メーカーと多く取引されているファッションファブリックの世界をリードするサプライヤの一つです。とにかくオーダーシャツ地の中でも独特の風合いを持った生地が多く、おうとつ感のある弾力のあるものから、薄手に至っても他と一線を画すブランド生地です。パターン化されていない独創的な柄が多く、一味違ったファッションッ性を醸し出せます。__________
ここから裏話...このブランドは私も好きでストライプ柄を作ったりしましたが、その独特の凹凸感とその腰の柔らかさゆえ非常に縫製し難い生地が多いブランドです。特に衿の取り付けや袖付けの柄合わせが難しく、少しでも力加減を間違えると柄が撚れてしまうものが多く、ボロを隠さなければいけない箇所は鋏で丁寧に切り落としていかないと毛ばだってしまいます。それだけ他にない独特な製造法で織り上げてある証拠ですね。値段もインポート生地に加え、見た目の華やかさからみても非常にリーズナブルな価格帯のものが多いので人気シャツ地です。画像は多色ストライプの間に白綾のドビー柄が織り交ざった生地 ¥18,900(税込み)です。

ここからシャツとは脱線。
私はStaxというメーカーのコンデンサー型イヤースピカーと言われるヘッドフォンを使っていたのですが、その特性からかなり音漏れがして、大音量で聞かないと気がすまない私なので家族から大ブーイングでした。なのでネットでさらに密閉型のヘッドフォンを探していたのですが、Boseというメーカーを今まで一度も購入した事がなかったのでこの「ノイズキャンセリングヘッドフォンQuietComfort」を購入しました。Boseは正直その無骨なデザインが嫌いで、質より見た目で嫌っていたので見向きもしませんでした。このヘッドフォンの事は知っていましたが付けてみるとこりゃ凄い。名前の通り確かに外の雑音がシャットアウトされます。その分音楽に集中できるし、音の通りも良い。何でも外側のマイクで周囲の雑音を拾い、その位相を逆にした音を出力して雑音を低減しているそうで、安全性から人の声などの中音域の部分はカットできないように設計してあるという...さすがボーズ博士。元々はパイロットのヘッドセット用に開発されたとか。上の生地メーカーではありませんがやはり独創的な感覚のメーカーです。
しかし、値段の割にはやはりデサインが..イマイチ。この値段ならもう少し高級感を出しても良いし、音もBoseが昔から売りにしている低音が強すぎてヤンキーのズンズン車(死語?)バリの重低音。買ってから気づきました、キャリング専用のヘッドフォンだと。選択間違えたかな?
外でのI pod、I Phoneなど携帯プレイヤーには絶対向いています。お薦め。

[edit]

Comment: 0
Trackback: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokurikushirts.blog103.fc2.com/tb.php/148-f5c1299b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2019-08